〒671-2231 兵庫県姫路市石倉53-1  石倉公民館  石倉自治会 電話  079−228−2515 メール
isikura@isikura.jp
年間行事予定
第13回石倉峯相里山もみじ祭 2016年10月
11月5日(土)10時〜14時 石倉峯相里山もみじ祭開催。
各種イベント・バザー等、皆様のお越しを心よりお待ちしています
【お問い合わせ】
石倉峯相の里/電話079-269-0999(10:00〜16:00月曜日休館)

田植えができました 2015年6月
峯相の里米の田植えができました。田植えの準備として冬の間休んでいた田んぼを荒らすきします。モグラの開けた穴がありますので水が漏ります。水が漏らない様に畦端をきれいに塗ります。その次に水を入れて代かきをします。代かきをしてから四日おきます。水に溶けた泥がに沈んで表面が平らになります。そして田植えをします。ほとんど機械で植えますが、隅っこだけは手で植えます。

麦刈りをしています 2015年6月
麦刈りをしました。田植えが終わるとすぐに麦刈りをしました。去年の秋に種を植えました。半年かかってやっと収穫ができます。この小麦は高タンパク小麦です。グルテンがたっぷり入っているので取れたての小麦を口に入れてしばらくかむとガムの様な塊ができます。グルテンのガムをかみながら作業をすればストレスになりません。でも甘み成分が入っていないので 美味しくはありません。

ホタルの名所ができました 2015年5月
石倉の信号から南の川に大量のホタルが出てきました。毎年年末に草刈りを重ねた結果です。川の清掃を行い、雑草の始末をし、自然の復元に努力した結果です。50年前の姿がよみがえりました。
大きな地図で見る

いぶき会ゴルフコンペ 2015年5月
いぶき会ゴルフコンペが行われました
平成27年5月23日。場所はストークヒルゴルフクラブです。いぶき会は年2回開催しています。今回で第64回になりますので約32年間続いています。自治会の親睦ゴルフとしてはレジェンドの域です。スコアーは関係無しで、とにかく楽しくがモットーです。

稲作の準備です 2015年5月
峯相の里米の田植えを準備しています。小さな種から芽が出てきました稲の苗です。田植えできるまで大きくします。
代かき用の水を蓄えます。石倉では池の水と川の水を利用しています。今日は川をせき止めて水をためました。9月までこの水のお世話になります。
代かき用のトラクターです。

モジャカレーにお米を出荷しました 2015年5月
モジャカレーに「峯相の里米」を出荷しました。玄米30kgを5袋です。「峯相の里米」のシンボルたけやんもついてます。
配送業者は、皆様おなじみのTOOLさんです。美味しいお米を食べて下さる人は、新大阪近辺の皆様です。

稲荷神社のお祭り 2015年5月
稲荷神社のお祭りが無事終了しました。恒例のおみくじも大盛況でした。今年の綿菓子は、中学生のジュウザくんに手伝ってもらいました。初めての綿菓子でしたが、すぐにコツをつかみ誰よりも上手にできる様になりました。

菜の花が満開 2015年4月
菜の花が満開になりました。姫路市から菜の花の種をいただきました。「菜の花栽培中」のぼりもいただきました。(株)石倉農産が種まきから育成をしています。最後はトラクターですき込んで稲作の時に肥料となります。とっても美味しい「峯相の里米」になります。

椎茸の植菌 2015年4月
椎茸の植菌をしました。シイの木を1m位にカットしてドリルで穴を開けて瓶のコルク栓の様な椎茸菌の塊を一つ一つ穴に詰めていきます。約一年たてば立派なドンコ椎茸が出てきます。樹木の間から木漏れ日が差し適度な湿気と清浄な空気がある自然は椎茸栽培に最適です。

里山祭り 2015年4月
石倉では毎年里山祭りを実施しています。石倉は平野部と山間部の種類の自然が味わえ、平野部では稲作を中心に景観作物も栽培しています。山間部は峯相山V鶏足寺を中心とした 野鳥のすみかがあります。鶏足寺のふもとに、石倉峯相公園があります。
峯相公園では毎年11月に 「石倉峯相里山もみじ祭」を実施しています。芝生広場を舞台にして、演芸が行われます。

太市のたけやん特集 2015年4月
太市のたけやんは神出鬼没。石倉の祭りではたくさんの人に囲まれて会場を沸かせました。今年度は4月25日(土)の太市のたけのこ祭りに登場します。今年2回目の興行です。綿菓子の販売もしますので皆さん来て下さい。



クリックで拡大します(PDF)→

ミサゴの巣 2015年3月
今年もミサゴが巣を高い鉄塔の上に作りました。
ミサゴの行動範囲は広く石倉から瀬戸内海にまで魚を捕りに行きます。ミサゴはとても夫婦仲がよく いつも共同で子育てをしています。高い鉄塔の上は、安全に子育てができるのでしょう。地面の上から巣を見上げながら今年も元気に子供が巣立ちます様にと神さまに祈りました。

ミツバチのマンション 2015年3月
長ーい冬が終わり 暖かい日が続いています。
ミツバチのマンションにも春がやってきました。働き蜂がマンションから出勤し密を集める為に出かけます。石倉の自然は豊かで密のとれる草花が多く自生しています。
このマンションの住人は日本ミツバチで主に樹木から密を採集しています

石倉特産の「峯相の里米」 2015年3月
モジャカレー心斎橋店にお米の出荷をしました。
モジャカレーさんはとっても美味しいカレーの店です。美味しいカレーにぴったりなのが石倉特産の「峯相の里米」です。本日は5袋 150キロを出荷しました。
マスコットキャラクターの「太市のたけやん」も応援しています。米倉の倉庫の写真も添えておきます。ひんやりとした倉庫の中で次の出荷を待っています

朝市がリニューアルオープン 2015年3月
石倉の朝市がリニューアル
4月からの筍のシーズンに合わせて朝市をリニューアルオープンしました。
新鮮で美味しい筍を販売します。皆様ぜひお立ち寄り下さい。

たけやんの塗り絵大会 2015年3月
太市のたけやんの塗り絵大会を実施しました。
たけやんの木型を造りオリジナルたけやんの制作を行いました
子供たちの自由な発想によるたけやんができました

トンド祭り 1月14日
石倉のトンドが終わりました。石倉では毎年1月14日夜6:00に実施することが決まっています。子どもたちだけで作るのが基本ですが、近年では子どもの数が減少していますので、組み立てる時は親も手伝って作ります。
年末から冬休みを利用して、藁を集め、竹を集め、正月飾りを子ども主体で集めます。夜6:00になると火をつけるのですが、
石倉では伝統的に火をつける大人と火をつけられないように防衛する子どもたちとの間でバトルが行われます。
藁で作った棒で火をつけられた場所をたたき必死で消火します。親も大変でたいまつに火をつけてトンドに近づくと子ども防衛隊に袋だたきにされます。
適当に攻防が繰り返されてやがて暗黙の了解でいつの間にか火がつけられてみんなトンドの廻りに集まってきます。
鏡餅を焼トンドの灰を一緒に食べれば一年間無病息災で生活出来る御利益のある行事です。
書き初めの習字をトンドで燃やせば字が上手になれる御利益もあります。
最近ではハムを焼いたり、マシュマロを焼いたり、焼きそばを焼いたりしていますが、どんな御利益があるのでしょうか? 
神様もまだ御利益の種類を決めかねていると連絡が入っております。
連絡が入ればブログで報告をさせていただきます。それまでしばらくお待ち下さい。

もみじ祭
もみじ祭も無事に終了しました。11月27日は快晴でとても気持ちのよい日となりました。前日までの冷え込みで紅葉が鮮やかに色づき天も味方してこのもみじ祭を盛り上げてくれたようでした。
もみじ祭は初めての企画でしたが、先月末実施の里山祭りは8回を数え認知度も高まっています。そのおかげでこのもみじ祭はとても盛況でした。
今回は出演者も国際になり台湾から若手のリンリンさんが、テレサテンを歌い大阪から漫才の中田ハッサクさんが総合司会を受け持ちMr.マリックもたじたじの特別のマジックを見せてくださいました。大白書中学校からは定番のブラスバンドに加えて琴を演奏していただきました。琴の演奏は聞く人の心を打ち、山間に染みいるようにの音色が流れていき、自然と一体になったように錯覚するほどでした。その後の音楽療法士6名によるソプラノ演奏は特にご老人たちの心を打ち、とても穏やかな顔立ちに変わっていました。
バザーの方も盛況で、人気の高いタケノコご飯を始め新名物の峯相そばも人気でした。その中でも光っていたのが、石倉の地名を店の名前にしているガーデン石倉でした。さすがプロの集団です。お客様の満足そうな顔がとても印象的でした。
初めての企画でしたが、とてもうまくいきました。大成功!!!!
リハーサルのリンリン イメージが膨らみます リハーサルでも気合を入れるリンリン
いよいよ本番です さすがのリンリン
カードマジックにしては少し大きすぎる はっさくワールドの開始
プロのステージに客席も興奮 普段着のリンリンはとてもかわいいです。隣村に台湾から移住した奥さんと仲良しになりました
舞台でも面白いが普段はもっと面白いはっさくさん おなじみの大白書ブラスバンド 今回は少人数です
本邦初公開、大白書の琴の演奏。自然と一体になった琴の演奏、心が引き込まれました 音楽療法士の皆様です
童謡を中心に皆様の心がいやされました 地元のもち米で作ったお餅です
名物筍ごはん、いつも売り切れ続出する逸品です 冬の名物豚汁です、定番のうまさが評判でした
新名物峯相そばのメンバーです 子供お茶席、孫に接待されている雰囲気はとても素敵です

稲荷神社鳥居新替え工事完了
稲荷神社の鳥居の新替え工事が完了しました。これで石倉の住民に登録されました

第8回里山祭開催
子どもお茶席:子どもさんにより振る舞われたおいしいお茶席、とても人気がありました。私も心が熱くなりました。 フラダンスチーム大迫力:地元太市公民館で練習されている方々です。地元のおばさんパワー 一度ごらんあれ
遠路横浜から参加。たまたま里帰りされた岡田様ご一行、今朝 夜行バスで到着されたそうです。なんと運の良い方々でしょう 大白書中学校ブラスバンドチーム:毎年お世話になっています。近畿大会出場の上級者ばかりです。毎年感動しています
お米の重さ当てクイズ 優勝、準優勝の方です。石倉名産の、減農薬で育てたお米です。見事に優勝されました。お土産の新米を持ってとてもうれしそうです。播磨風土記にも記載されているお米伝説の石倉、その伝統を引き継いでいる心のこもったお米です。お米発祥の地、石倉の米を是非ご賞味下さい。
破盤神社祭
毎年10月18日に実施されます。曜日に関係ないため、その日は小学校も休みになります。子ども御輿が主になっています。準備の為に太鼓をたたき、御輿の練り方を練習しています。
破盤神社言われ
神社縁起によれば、息長帯比売命(おきながたらしひめのみこと)つまり神功皇后の三韓進攻からの戻りにこのあたりで忍熊王(おしくまのみこ)の難があり、この地に船を停めて神託を求めたところ大己貴命の神託があり、三本の矢を放ったところ一本は虚矢として落ち、一本は里に落ちた。そして、最後の一本がこの近くの大磐石に中ってその磐石を三つに割ったとされ神功皇后はその矢を吉兆の証として、この地に祀ったといわれています。その大磐石というのが現存し今の社域から南西に1.7kmくらい離れたところで見ることができる。

石倉文化講座
7月23日(土)公民館にて石倉文化講座 農業講演会全4話農業についてを開催。




Copyright(c) 2003 神話の里 石倉 All Rights Reserved.